14才

昨年のゴールデンウィーク直前にJuraの腎臓が悪いことが分かった時点で出来れば14才の誕生日まで一緒にいたいなと思ったのだが、叶わなかった。
今日で14才、兄弟犬たちが元気でいてくれたらいいなぁと思う。

(2017年の梅とJura)
散歩に行かなくなかったことで、季節感を感じることも少なくなってしまった。暖冬なので、きっと梅が咲くのも早かったのだろう。
4ヶ月以上経っても日々の生活の中でのJuraの存在感の大きさを感じている。

世の中は新型コロナウィルス一色。昨年Juraの点滴用に念の為購入したアルコール綿が今頃役に立っている。点滴の時は病院でもらったもので間に合っていたので、開封せずにどうしようかと思っていたが、現在活躍中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました